私の大企業での戦いは終わりました。

 

 

 

正確には「本当の戦いはこのとき始まった」と言った方が良いかもしれません。

 

 

 

それは、私自身の廻りでよく見た光景が、

我が身を蝕んでいたと言う事です。

 

 

 

退職してからしばらく休養をしていました。

 

 

 

そこで有る事に気がついたのです。

 

 

 

数時間の睡眠を取るためウイスキーをたくさん飲んでいて、

酔った勢いで眠る事を繰り返していたことが日常になっていたのです。

 

 

 

辞職した後、ウイスキーを飲むのを止めてみたのですが、

何故か眠る事が出来ないのです。

 

 

 

これはおかしい、と辞職して半月程で自覚しました。

 

 

 

医者の何科に相談すれば良いのか解りません。

 

 

 

丁度家にあったタウンページをめくっていたら、

「心療内科」という文字を見つけました。

 

 

 

特に熟考するわけでも無く、

電話で「眠れないのですが」と相談したところ、

予約の段取りとなり、

これまた生まれて初めて「心療内科」の診察を受けました。

 

 

 

結果、

「重度の不眠症」

「アルコール中毒の一歩手前」

と医師に宣告されました。

 

 

 

病名を聞いたとき、

「ああ、俺も会社にやられてしまったのか」と思いました。

 

 

 

そして、更に厳しい一言を医師から受けたのです。

 

「外で働くことは現状難しい」と。

 

 

 

私は愕然としました。

 

「どうやってこれから生きていけば良いんだ?」

 

 

未だに心療内科に通う日々

既に辞職してから数年たちますが、

「不眠症」は改善されません。

 

 

 

医師が言うには、

「不眠症は治らない」と言う事らしいのです。

 

 

 

特に重度の症状である私は、

毎月1回、

近くの心療内科に通っています。

 

 

 

そして、処方して貰った睡眠導入剤を使う毎日です。

 

 

 

それだけ、精神を追い込んでまで会社で働いた結果なのでしょう。

 

 

 

この不眠症とも一生付き合わなければならないのです。

 

 

趣味ブログからサイトアフィリへ

愕然としていた私ですが、

たまたまネットを見ていて気がついた事があります。

 

 

 

「アフィリエイト?」

「ネットビジネス?」

「在宅で出来て月収がサラリーマン以上?」

 

そうです。

 

 

 

私は趣味のブログをやっていましたが、

ブログの他にもいわゆるホームページで、

 

「広告収入を得ることが出来る?」

 

「しかも景気の良い数字だ」

 

「これしかない」

 

と思ったのです。

 

 

 

幸いこれでも元技術系のサラリーマンです。

 

パソコンはOSやOfficeを始め各種ソフトの扱いや、

よそを見ていても会話をしていてもブラインドタッチで文章を打つことが出来る。

 

 

 

即、Googleで検索をかけて、

色々な情報を吸収しました。

 

 

 

「これで勝負をかけてやる」と選んだのがサイトアフィリでした。

 

 

 

当時の資料がないのが残念なのですが、

2ヶ月ほどで20万、

3ヶ月ほどで30万と、

非常に調子よく実績を伸ばしていくことが出来たのです。

 

 

 

「俺にも出来るじゃないか」と若干の心身にハンデが有る私にも希望の光が見えました。

 

 

 

当時のサイトの文章は残っています。

 

 

 

これが本当に自分で書いたのかと思うほどのシステマティックで秀逸な文章です。

 

 

 

今、再現しろと言われてもなかなか書けないと思います。

 

 

 

キャッチコピーなど有りません。

 

 

 

それでもアフィリエイト「ど素人」が普通に稼ぐことが出来たのです。

 

 

続き-->奈落の底