ブランド化とドメインの関係

 

こんにちは。

ネットビジネス研究室(ネットビジネス アフィリエイト 口コミ まとめ)

運営者の古舘です。

 

 

さて、今回は「内部SEO」という事で、結果論から導き出されるブランド化と、

 

「ドメインの取得方法の基本」

 

と言うテーマを考えてみたいと思います。

 

ブログアフィリエイトではブランド化

ブランド化というのは御存知ですか?

 

ある意味、「匿名で」ブログを書いている場合、

 

有る程度認知されるような状態を狙って、

 

SEOキーワードから少し離れますが、

 

SEOキーワードを若干意識しつつ運営しているブログ、

 

場合によってはHTMLサイトでもそうなのかもしれませんが、

 

HTMLサイトでのブランド化というのを私はやったことが無いので、

 

ブログでの結果論から考えたいと思います。

 

ブログでのブランド化

これは、少し勇気が必要になると思います。

 

場合によってはマイナスになる可能性も有りますし、

 

その逆、プラスに働く可能性もある、

 

と言う事ですね。

 

SEOからすれば、検索キーワードから少しずれる可能性があると言う事です。

 

 

内的SEOの基本であるtitleタグ

有る程度のビッグキーワードを狙う場合や少しミドル寄りのキーワードも同じですが、

 

基本的に「キーワードは左寄せで」というのが基本です。

 

 

ただし、この左寄せにも例外があります。検索して見た方が早いですね。

 

 

リンクの状況にも寄るのですが、

 

運営の途中でドメイン全体のtitleタグを変えるのは基本的にやらないと言うのが、

 

私の基本方針ですが、

 

ブランド化をあえてやってみました。

 

 

元々、当サイトは「ネットビジネス アフィリエイト 口コミ まとめ」

 

と言う、SEOを意識した状態でtitleタグを設定しておりましたが、

 

「思い切って」

 

「元上々企業システムエンジニア ネットビジネス研究室」

 

と変更したわけですね。

 

完全に変更したわけでは無くて、

 

少しネットビジネスというキーワードを意識しています。

 

 

これによって、扱う内容は若干広がりましたし、

 

需要があるかは良く分かりませんが、

 

「ネットビジネス研究室」というキーワードでもヒットするという事です。

 

 

一応SEOとしては、「ネットビジネス」も考慮に入れていますが、

 

さすがにこのビッグキーワードはコンテンツが充実して、

 

Googleからの評価が無いと、

 

上位表示どころかGoogle評価の指針である「ナビ」生成されないと思います。

 

 

基本的に運営サイトでは上位に有る場合ドメインのtitleタグ変更は御法度

私の上位に出しているサイトに関しては、

 

このtitleタグ変更は未だかつてやったことが有りません。

 

 

ですので、

 

このHTMLサイトに関しては結果論が導き出せないのですが、

 

Google評価次第では、titleタグ以外の集客もコンテンツ次第とは言えそうです。

 

 

つまり、どういうことかというと、

 

例えばアンカーテキストであったり、

 

コンテンツの内部の文字、文章、こう言った辺りを、

 

「勝手に自動生成してくれる」(ロングテールとも言いますね)

 

と言う事になります。

 

 

これを実現するには普通は、恐ろしく緻密かつ、論理的に文章を読みやすくすると言うか、

 

ある意味、文章量が少なくても、Google評価が高いと、

 

「自動キーワード生成」してくれる、

 

と言う信じ難い様な内容が実現出来ます。

 

 

この状態までコンテンツを持っていくのは、

 

書いた私でも再現出来るか?と言われれば、

 

「ビッグキーワードではなかなか難しい」

 

と言わざるを得ないと申しますか。

 

 

まぁそういうことも出来ますよ、と言う程度で、

 

このような状態まで持っていくと言うのは私でも難しいと言う事ですね。

 

 

即ち、titleタグを無視してでも、検索ではヒットするというのが、

 

「コンテンツ」なのです。

 

 

それを支えるのが、ホワイトでもブラックでも被リンクが必用、

 

と言う落ちなのです。

 

 

ですので「コンテンツこそ内部SEOの最大の難関」と既にお伝えしました。

 

 

この辺りは、また改めて別の記事でも取り上げる機会が有れば、書いてみたいと思います。

 

 

ドメインの考え方

さて、お話しはドメインのことについてになります。

 

 

この辺りは、イロイロな考え方が有るので一概に「これ」とは言えないのが実情です。

 

 

基本的にドメインは取得名さえ工夫すれば、良いと思われる結果論

種類は何でもよさそうです。

 

私のこのサイトは、「.pw」ドメインで、

 

取得したいgTLDが上手いこと見つからなかったので、

 

「致し方なく」

 

「.pw」というドメインを取得した、と言うお話しは既にしました。

 

コチラ

 

ただ、明らかに維持費を考えるなら、

 

いくら経費となるとしても、

 

あまり高いドメインを選ぶのは良く無いと思います。

 

 

結果論では、「.pw」ドメインでも充分上位表示が出来る事が分かりましたし、

 

最近検索を見ていると、

 

「新しく解放されたgTLD」というのも、僅かですが見る機会が増えました。

 

 

と言う事で、曰く付きのドメイン以外なら、

 

新規でgTLDでもcTLDでも、

 

「使い方次第」

「取り方次第」

 

と言う事が言えます。

 

 

ドメインは新規で取得する場合、何を扱うかで決まる

羊頭狗肉にならないように、と言う事です。

 

本来有るべき姿では、

・コンテンツを書く

・コンテンツのtitleを考える

・その要約がサイトの名称になる

と言う、逆の順番を取るのが理想なのかと思うのですが、

 

そうも言っていられないので、参入するジャンルを最初に決めると言う、

 

結構、難しい内容になってしまう恐れがあるのです。

 

 

扱う内容で決まると言う事ですが、

 

多少のブレみたいなモノはコンテンツ内で扱っても問題は無いと思います。

 

 

あまりに乖離しているとか、は、検証したことは無いですが、若干のブレは問題無さそうですし、

 

中古ドメインをそのまま使うと言う場合、

 

これも結果論では特に問題は無いと言う事ですね。

 

 

ただ、「意味不明」なドメインや、

 

例えばAdSenseを設定するような場合、

 

「ドメイン名でAdSenseが許可されない」

 

と言う事は覚えていても良いかと思います。

 

 

AdSenseはドメイン名でもフィルタにかかりますので、

 

AdSenseの規約をしっかりお読みになる事をお勧めします。

 

 

最初からあえてブランド化を狙うなら

検索でイロイロ見ていると、

 

例えばアクセス量が非常に多いブロガーのブログドメイン。

 

 

雑多な内容を扱うブログ辺りだと、

 

「ドメインを最初からブランド化するのは有り」

 

と言う事ですね。

 

 

あるいは、有る程度狙って、

 

「キャッチーな少し短めで覚えやすい文字数」

 

と言うのもありだと思います。

 

 

その分記事、コンテンツで頑張って行くのは当然ですね。

 

 

ここは通常のブログ媒体だと変わらないでしょうか。

 

 

HTMLサイトでサイトをやるときには、

 

私は個人的に若干SEO狙いで取得しますし、

 

ある意味「日本語ドメイン」が強いと言う事で、

 

私はほとんど日本語ドメインを使わないですが、

 

この辺りは、サイトもブログCMSでアフィリエイトをやるような場合、

 

日本語ドメインや、SEO目的の英語ドメインを、

 

「意味があるように」

 

取得するのが私個人の結果論での結論です。

 

 

特に世界にリーチするような場合、

 

日本語ドメインと同様、英単語で意味があるように取得するのがコツだと思います。

 

 

この辺りが、私が検証した結果論となります。